フローリング掃除の基本から実践まで!手順と裏ワザを徹底解説

2023年4月19日 | 黄兆熙
Floor Cleaning
フローリングは、木目や色合いが美しく、部屋に温かみを与える床材です。しかし、フローリングは汚れや傷にも敏感で、適切な掃除をしないと劣化してしまいます。
そこで、今回はフローリング掃除の基本から実践まで、手順と裏ワザを徹底解説します。フローリング掃除を上手に行って、床の美しさと耐久性を保ちましょう。

 

フローリング掃除の基本

 

掃除の前にするべきこと

フローリング掃除をする前に、まずは部屋の片付けをしましょう。机や椅子などの家具や小物を移動させて、床に物がない状態にします。これは、掃除がしやすくなるだけでなく、床に傷がつくのを防ぐためにも重要です。

次に、窓を開けて換気をします。フローリングは湿気に弱いので、掃除中に水分が蒸発しやすいようにすることが大切です。また、換気は室内のホコリやダニなどのアレルゲンも減らす効果があります。

掃除に使う道具と洗剤

フローリング掃除に使う道具は、以下のものがおすすめです。

  • 掃除機:ヘッドが柔らかくて平らなものを選びましょう。ブラシや突起物があると床を傷つける可能性があります。
  • モップ:吸水性が高くて毛羽立ちにくいものを選びましょう。コットンやマイクロファイバーなどの素材が良いでしょう。
  • 洗剤:フローリング用の中性洗剤を使いましょう。強アルカリ性や強酸性の洗剤は床の表面を傷める恐れがあります。また、漂白剤やアルコールなども避けましょう。

掃除の手順

フローリング掃除の手順は、以下のようになります。

  • 掃除機でホコリやゴミを吸い取ります。隅々まで念入りに行いましょう。
  • モップに水を含ませて絞ります。水分量は少なめにすることがポイントです。水分が多すぎると床が膨らんだり変色したりする可能性があります。
  • モップで床全体を拭きます。拭く方向は木目と同じ方向にするとキレイに仕上がります。
  • 汚れが気になる場所は、洗剤を少量つけたモップで拭きます。洗剤は水で薄めて使いましょう。洗剤を直接床にかけるとシミになる可能性があります。
  • 拭き終わったら、乾いたモップで水分を拭き取ります。水分が残っているとカビやダニの温床になります。
  • 掃除機やモップは清潔に保ちましょう。掃除機はフィルターを定期的に交換し、モップは洗って乾かしましょう。

     

    フローリング拭き掃除の裏ワザ

     

    汚れの落とし方

    フローリングについた汚れは、早めに対処することが大切です。汚れが乾いたり固まったりすると、落とすのが難しくなります。汚れの種類によって、以下の方法を試してみましょう。

    • 食べ物や飲み物のこぼれ:水で薄めた中性洗剤をつけた布やティッシュで拭き取ります。砂糖や油などが含まれている場合は、しっかりと拭き取らないとベタつきやシミになる可能性があります。
    • シールやテープの跡:ドライヤーで温めてから剥がします。温めることで粘着力が弱まります。剥がした後は、水で薄めた中性洗剤で拭き取ります。
    • マジックやペンの跡:消しゴムで軽くこすってから、水で薄めた中性洗剤で拭き取ります。強くこすりすぎると床を傷つける可能性があります。

    靴跡の落とし方

    • フローリングについた靴跡は、見た目も悪くて気になりますよね。靴跡を落とすには、以下の方法を試してみましょう。
    • マヨネーズ:マヨネーズを靴跡に塗って10分ほど放置します。マヨネーズに含まれる油分が靴跡を浮かせます。放置した後は、水で薄めた中性洗剤で拭き取ります。
    • バナナの皮:バナナの皮の内側を靴跡にこすりつけます。バナナの皮に含まれる油分や酵素が靴跡を浮かせます。こすりつけた後は、水で薄めた中性洗剤で拭き取ります。

    黒ずみの落とし方

    フローリングに黒ずみがあると、古くて汚れている印象を与えてしまいます。黒ずみを落とすには、以下の方法を試してみましょう

    • 重曹:重曹と水を混ぜてペースト状にします。黒ずんだ部分に塗って10分ほど放置します。重曹に含まれるアルカリ成分が黒ずみを分解します。放置した後は、水で薄めた中性洗剤で拭き取ります。
    • 酢:酢と水を1:1の割合で混ぜます。黒ずんだ部分にスプレーして10分ほど放置します。酢に含まれる酸性成分が黒ずみを分解します。放置した後は、水で薄めた中性洗剤で拭き取ります。

     

    フローリング掃除の注意点

     

     

    フローリング掃除をするときには、以下の点に注意しましょう。

           1. 水分は少なめに:水分が多すぎると床が膨らんだり変色したりする可能性があります。モップはしっかりと絞ってから使いましょう。また、掃除後は乾いたモップで水分を拭き取りましょう。

           2. 洗剤は適量に:洗剤は水で薄めてから使いましょう。洗剤が濃すぎると床の表面を傷める恐れがあります。また、洗剤を直接床にかけるとシミになる可能性があります。

           3. 熱や日光は避ける:熱や日光は床の色あせや変形の原因になります。掃除中や掃除後は窓を開けて換気をしましょう。また、カーテンやブラインドなどで日光を遮ることも効果的です。

       

      フローリング掃除を簡単にするロボット 「Narwal Freo」がおすすめ

       

      フローリング掃除は、手間や時間がかかる作業です。そこで、フローリング掃除を簡単にするロボット「Narwal Freo」をご紹介します。
      Narwal Freo(ナーワルフレオ) Freoは、水拭きと吸引掃除が同時に実施できるロボット掃除機です。Narwalといった会社が販売しています。
      Freoの独特な機能は以下の通りです。
      • 回転式モップ:12Nの圧力でしっかり水拭きする回転式モップが搭載されています。床の汚れを効率的に落とします。
      • 【独自開発】汚れ検知機能:床の汚れを検知して、自動で二度拭きが必要かどうかを判断します。また、モップについた汚れを検知して、モップが完全に綺麗になるまで洗浄し続けます。
      • テールスイング機能:壁際を掃除する時に機体を回転させ、壁際の隅々まで拭きます。
      • 静音性:掃除中の騒音がわずか55dBです。Freoは、フローリング掃除のプロです。手動で掃除するよりも、効果的で快適な掃除ができます。
      Freoを使えば、フローリングの美しさと耐久性を長く保つことができます。Freoに興味がある方は、以下のリンクから詳細をご覧ください。こちらからFreoの詳細を見ます。